体操界のレジェンド、内村航平選手が現役引退。。。さみしい

オリンピック体操のオールラウンドチャンピオンである内村航平が33歳で引退したと、彼の経営陣は1月11日、このスポーツの史上最高の選手の1人のキャリアを終えたと語った。
この33歳というのは若いのかはわからない。
体操選手では頑張った方なのかな。
内村航平は2012年と2016年のオリンピックで金メダルを獲得し、リオで日本とのオリンピックチームのタイトルを獲得し、6回の世界チャンピオンに輝いた。
しかし、彼はオリンピックの白鳥の歌に失望し、鉄棒から落ちて、昨年の東京オリンピックで決勝に到達できなかった。
これからの彼の人生に期待。メディアでみられるかな。
内村の最後の大会は、昨年10月に生まれた北九州市で開催された世界選手権でした。彼は鉄棒決勝で6位に終わったが、彼の降車から着陸した教科書を貼り付けた後、群衆から熱狂的な歓迎を受けた。」
よかった。